スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路地カフェ 織流 Vol.2

土曜日の夜

路地カフェでの
Vol.2織流
終了しました
沢山のお客様でいっばいになった会場
真っ白な壁面はスクリーンになりプロローグの映像から始まりました

仙台とっておきの音楽祭からの出会いから今月キンキメンバーが石巻市を訪れた様子が流れ
瓦礫の街を観ながら 佐知子の笛が響きました

公成さんが仕込んでくださった音響で
佐知子のすごく綺麗で気持ちいい笛の音

あんまり気持ちよかったのか ちょっと長く吹きました

ええ感じのスタート!!

ノートーク(MCなし)でのステージ に
少し緊張!

香ちゃんのチベタンベルで祈りような雰囲気になった

2人のソプラノとアルトリコーダー に 池田さんのキーボードと伊藤のチャランゴでやさしく伴奏

彩ちゃんダンスと金野君のパーカッションの迫力で笑顔と大拍手が起こり始めた

今回、さをり織衣装の着付けを織折の花松よしこ先生にお願いして

1人ずつ 舞台映えするようにしていただいた 

きみちゃんの1枚の布が素敵なリボンドレスになった

さをりちゃんのノクターンの美しい曲にポエちゃんと公絵ちゃんがそれぞれの存在感で立って回る

大拍手 !!衣装の一部を後ろの壁に垂らしたS管にぶら下げていく事にして

織のオブジェが舞台を明るくしていった

金野君のおどけた鼻笛で登場の中井君シンバルがはじかれ あっ子ちゃんの小太鼓と言う組み合わせ

2度とできないセッション!!

美紀ちゃんアルパ(南米のハープ)と池田さんのキーボード 即興セッション

今回は、少しオリエンタルな感じの曲になりました。
毎回何が出てくるか!!??

ダマちゃんリードの唄声は安定感があって優しい

マザーズの笑顔でのファッションショー素敵でした

新入りの ゆきちゃんも登場!!

最後、全員での曲
いっしょにいることが は、公成さんほしこさん高橋さんも入ってくださいました

みんなそれぞれに楽しめて 観ていたお客さんに何かが伝わればうれしい

休憩をはさんで 高橋美みちえさんの お話 

公成さんほしこさん月ゆめのコンサート 気持ち良くて

ほんまに目をつぶって聞いている方の多かった事

イベントの多いこの時期に来ていただいたお客様皆様に感謝

路地カフェスタッフ 中野さんにも

ほんとうに良くしていただきました
スポンサーサイト

織流 Vol.2

お元気ですか?いつもお世話になっています!

私たちにも出来ることして行こうと

秋の週末の夜 キンキ雑楽団と素敵な仲間が集ります!!



◆タイトル  Weave : 織

Stream : 流



3.11  心の中は涙でいっぱい



わかちあえば

みんな

しあわせ



縦糸はつながり

横糸は出逢い



ながく やさしく こころの環をつないでいきたい

路地の奥のホッとする空間に遊びにきませんか



◆vol.2



◆2011年10月29日(土)



◆コンサート

 出演:キンキ雑楽団 (パフォーミングアーツ)

 月ゆめ (山本公成・ほしこ)

◆pm5:30開場 pm 6:00~8:00 コンサート 

         pm8:00~ 8:30 わかちあいの時間

                    (東北に思いを寄せて心でつながろう)

◆場所:路地カフェ ℡ 06-6762-0323 

      〒540-0013 大阪市中央区内久宝寺町 2-7-31

     アクセス

交通機関 ・地下鉄-中央線・谷町線     谷町4丁目、7番出口 南へ5分
     ・地下鉄-長堀鶴見緑地線・谷町線 谷町6丁目、6番出口 北へ5分

        http://www5.ocn.ne.jp/~koharu/sub1.html
     地図http://www5.ocn.ne.jp/~koharu/information.html



 チャージ 予約 2350円 当日 2850円 *1ドリンク付

             ※ 介助の方は無料(ドリンク代は、別途) 

 ご予約:伊藤 携帯090-1716-4536(Soft Bank)                 

 ◎参加費のうち350円は、

  避難所、仮設住宅、学校などに機を持ち込んでの織ワークショップ、

  祈りのミサンガ創りなどの支援活動を続けているSAORI震災支援”想いのかたちプロジェクト”に   寄付します

石巻と仙台への旅

SAORIの仲間は日本中に5万人いると言われています

東北の石巻の障害者施設 こころさをり さんは、すごく怖い経験をされました。

織の仲間がいたその時間に地震が起こり

避難をどうするか!!??

スタッフが車にメンバーさんを乗せて迷っていたらそうこするうちに

津波が来て

押し寄せて引く波にその車は、流されていきました。

もう駄目だと思っていたら2時間後

同じ場所にその車が何度目かの波に乗って戻ってきたそうです!!??

それで車からみんな降ろして真っ暗な中 棒を使ったりして

皆を建物の5階へ

波が押し寄せたりする中 命からがらとは、まさにこの事

向かいにセブンイレブンがあって

そこで食べものも調達して

下の階にあったストーブなど防寒具も運んだりしたそうです。

そのセブンイレブンの店員さんの安否も気になりましたが

波はどんどん来て いろんな物が流れて

近くの木に登った人も気にしたりしながら

とにかく真っ暗な中 身を寄せ合ったそうです

全員無事 !!

素晴らしい!!

そんな話をセブンイレブンとこころさをりのあった建物の前で聞かせていただき

被災地の中を視察させていただきました。

キンキのメンバーは、3人 きみちゃん、あっこちゃん、香ちゃんとそれぞれのお母様

スタッフの金野君と城哲也さん

東京と仙台と福島からのさをり仲間と共に

まだまだ すざまじい状態の街を ドライブしました。

すっかり瓦礫を取り除いた所は、おおきな空き地になっていました。

ボランティア団体で同じ色の腕章みたいなのをつけて 

家の中や外をお掃除する方々の姿もあり

まったく何もされていない建物もまだまだありました。

こころさをりは、石巻市蛇田という地区の仮設住宅支え合い拠点センターに8月やっと入ることができて

一般の住民の方も呼んで 交流会を催して私たちを呼んでくださいました。

こころさをり コカリナ演奏 と福島のアートさをりからミラクルチップス 

そしてキンキ雑楽団の演奏をさせていただきました。

手巻き寿司をいただき持て成してくださり感動。

前の生活に戻りたいのではなく 新しい未来をつくりたい

遠慮しないで どんどんやりたい事をやっていくことにした

前向きな言葉をいっぱい聞かせて頂きました。

Oさんという、もう1つのさをり教室は、幸い、建物が無事で

すでに教室を再開。

すごく近くでも 違う状況であることにも驚きました。

仙台のユースホステル 道楽庵に移動。

東北のさをり仲間が沢山集合してまたまた交流会!

東北の方々の明るさと前向きな気持ちに驚くばかりでした。

福島の飯塚さんは 唄を歌うことにしたと!

SAORIの障害者の施設就労継続B型をされていますが

音楽の大切さをより実感。

朝の体操を歌うことに変えたらよけいいい成果がでたとか!!?

スタッフの高橋君のギターで歌う歌う!!

もう止まらない!!

11時に ユースホステルのペアレントさんに消灯ですと追い出されるまで

皆で歌い続けました。

キンキのメンバーとの旅らしい 楽しい夜でした。

観た光景や 怖かった経験をされたお話は、忘れられないけれど

それにまさる すっかり 自分の腹をくくって生きている

仲間といっしょに唄ってきたことがとてもうれしいです。

泊まらなかった仙台の先輩のいっこさんが

美味しい冷酒を差し入れて行ってくださり

YHなのに遅くまで部屋で飲みました。

大阪に帰ってきて

家のカギをあけながら 家があるわ

と、申し訳ないような気持ちになりました。

当りまえの今を大切にしようと!!

出し惜しみなく 生きようと思いました。

そうです 今が一番の時と思って

心をこめて することだと

がんばると いうのではなく

決断するときに 迷いなく

喜んでやるようにしていこうと

思いました!!!!

おやすみなさい
 

いのちはめぐる

10月10日 谷町9丁目高津宮で開催された「いのちはめぐるで」
でキンキ雑楽団 絵馬堂のステージで1番乗りで演奏させていただきました。

都会の鎮守の森の中

朝の御祈祷から始まったイベント

沢山のフェアトレード、無農薬野菜、地球環境の事を考えたお店が並び

沢山のお客様の中 

気持ちよく演奏スタート!!

1曲目 調子が出始めた時に

神社の巫女さんが 「ちょっと音小さくして~」

「今、御祈祷中なのよ~」って

それでアンプの音量を下げて 仕切り直して 2番から~

こんな感じでしたが

みんな朝からノリノリで 笑顔笑顔でした

いのちはめぐる カフェてれれ という

出店者5名がそれぞれの思いで映像を作って上映するコーナーもあり

私、伊藤が自分のアトリエの映像を出していたので

みんなで観賞!

そして、SAORI体験コーナーもやっていたので

みんなその周りでくつろいでいました!!

そんな平和な1日でした!!

そのメンバーのうち3人とその週末、東北への旅にでました!!

続く・・・・

奈良 と 大阪西成での演奏にいきました

●9月18日 奈良 近鉄「高の原」駅前 すずらん館で

エムズネットさんのお招きで キンキ雑楽団コンサート

1時間のステージさせていただきました。

すずらん館の1F商業スペースの吹き抜けの空間に出来たステージで

買い物のお客様いっぱいの中

ファッションショーでスタート

みんな踊りポーズを決めて大拍手

定番の曲「いっしょにいることが」を一緒に作ってくれた

野口さんとダビッドさんが 駆けつけてきてくれてくれました。

エムズネットのパワフルなスタッフのお陰で織体験コーナーも前日より設置していただき

大好評だった様子

担当の城哲也さんに私たちの音楽を開始してからの織体験の方々の様子をあとで

聞きました。これは、音楽を聞きながらそのエネルギーを感じて織るとどうなるか

サウンドウイービングという実験でもありました。 

*86歳の女性、高齢にもかかわらず 3時間半も集中して体験織ができた。

  織れた布は寄付すると! 

*5歳の少年 こんなに集中して取り組めるなんてとお母さまが感激。

*2色交差にこだわっていた12歳の女の子、曲が流れてきたら 難しいことができなくなり 
  交差はやめてシンプルに織りだした。

おもしろい現象がおこっていたようです。

音楽の種類によっても変わることも考えられます。

お世話になった エムズネットの皆さんありがとうございました。

●9月30日「昼どき音楽会in西成サランバン(コリアン高齢者のデイサービス)」

 金曜日のお昼  香、佐知子、明子、ポエ、伊藤、金野でお邪魔しました

s-キンキ雑楽団・西成2011、2011-09-30 13-30-14_0003 キンキ雑楽団・西成2011、2011-09-30 13-49-45_0020 s-キンキ雑楽団・西成2011、2011-09-30 14-16-55_0028 s-キンキ雑楽団・西成2011、2011-09-30 14-20-56_0034

おいしい手作りのランチをご一緒させていただき、みなさんすごく熱心に聞いてくださいました。
声をかけてくださった 岩山さんからのメッセージです

岩山春夫です。
先日、9/30には雨の中重い荷物を抱えて西成までおいでいただき大変ありがとうございました。
西成サランバンは在日コリアン高齢者のデイサービスでして、多くは在日一世になります。
私は大学院の修士論文を書くために調査研究をさせていただき、今でもここに出入りしています。
西成サランバンはかつては定員いっぱいで、登録者も30人を超えていましたが、現在は減っており
少し元気づけようということで「昼どき音楽会」(2ヶ月に1回)を金チュンジャさんと相談して始めました。
今回が第2回目です。
在日一世は植民地時代に日本に渡って来た人達で、言葉も話せず、教育も受けられずに、差別と
貧困の中で生活してきました。その後家を持ち、子供を育て、現在ではご家族、ご夫婦、単身独居
で暮らしている方たちが3分の一づつおられます。
そのような歴史的背景がありますので当然のこととして日本人に対する警戒感が強くありました。
しかし、昨年私も参加して行いました西成における在日高齢者の生活と居住の実態調査では、
日本人ヘルパーが家に出入りすることに対して寛容になっておられ、大変フレンドリーで話好きだ
ということが解りました。
それでも西成サランバンのオモニたちは内気で礼儀正しい人たちでして、お正月に集まって踊り歌い食べ
まくるという姿を音楽会ではなかなか打ち解けて現すということはなかったのです。
今回オモニたちは、体を動かし手を打って乗り、ご自分の渡航経験を一生懸命お話になりました。
なかなかしゃべってくれることはないのです。
終わったあともみかんを食べながらやさしくお話をされていましたよね。
これは皆さんの持つ特別なお力がオモニたちの気持ちを和ませたんだろうなと思います。
これがキンキ雑楽団がいろんなところで評価されているところなんだなと気がつきました。
私も大変楽しかったです。
技術的にも楽器を十分こなしておられたし、踊りも素敵でした。
ありがとうございました。
10/10にはもう一度見に行きますね。

今後ともよろしくお願いいたします。

織流 

7月に開催させていただき大好評だった

織流 in 路地カフェ

はじめて公成さんほしこさんという プロのミュージシャンと

いっしょのステージに 緊張と感動をいただきました。

織と音楽の癒しの時間 でした。

Vol.2

路地カフェさんで またまた やります

是非 お越しください。

キンキ雑楽団 痛恨の!!?? いえいえ いつもの楽しさ一杯で

気持ちよく やりまーーす!!

東北の仲間と繋がる SAORIミサンガを差し上げます!

後半は、つきゆめ 山本公成さんとほしこさんのステージ

最後に わかちあいトークも あり 有意義な時間をご一緒しましょう!

20111029oru-2[1]
織流チラシ案20110730liveomote-2[1]
プロフィール

Author:大阪チャチャチャ
大阪を中心に障害を持った仲間とミュージシャンが出会い大好きな織や楽しい音楽の輪を共有し生まれたハーモニーを表現するグループです。 信じあえる仲間の笑顔と小さな手が大きな幸せを気付かせてくれる。 さあ!一緒に、楽しみましょう。

そして!!
2015年11月3日は【チャ・チャ・チャ祭り!】 at 東成区民センター大ホール!!大物ゲスト出演!!入場料1000円!!!!開場13:00〜!!開演15:00〜!!CHECK IT OUT!!!

チャチャチャオフィス
IN アトリエSUYO
大阪市東成区東小橋1-2-16
電話06-6972-5855
メール osakacha2012@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。